プロペラとバッテリー

ドローンには複数のプロペラがあり、それらのプロペラが回転することで空を飛びます。しかし、プロペラが曲がっていたり歪みがあったりするとバランスが失われ、正常に飛ぶことが出来ません。そのため、プロペラのバランスが均等になっているか確認をしてください。そこで少しでもプロペラが歪んでいたら交換してください。

また、ひとつのプロペラが歪んでいたとしても、すべてのプロペラを交換するようにしましょう。ひとつのプロペラを交換したとしても、すぐにほかのプロペラが駄目になってしまうのです。

そのほかにバッテリーも重要なメンテナンスポイントです。バッテリーが十分に充電されているか確認をしましょう。そして、バッテリーに発熱や膨らみが無いかチェックしてください。メンテナンスが不十分なバッテリーは十分に電力が行き届かないだけでなく、発火などの可能性もあるのです。

そして、最近の小型ドローンはスマートフォンから操縦するモデルも少なくありません。こういったドローンはスマートフォンのアプリを利用しますが、アプリのバージョンが古い場合は非常に危険です。そのため、アプリのファームウェアを確認して最新版になっているかチェックしましょう。

Copyright © ドローンを安全に飛ばすには, All rights reserved.