歪みをチェックする

ドローンは空を飛ぶものですので全体のバランスが非常に重要です。少しでも機体に歪みが発生すると飛行中にバランスを失ってしまいすぐに墜落してしまいます。そのため、ドローンを飛ばす前に平らな場所に機体を置いてください。そこで左右のバランスが取れているか確認しましょう。歪みのある機体はバランスが取れませんので傾いてしまいます。そういったドローンは避けてください。

そして、何度も飛ばしていると機体に少しずつ傷や汚れがついてしまいますので、柔らかい布などで拭き取ってください。しかし、そこではアルコールを含まない布を使いましょう。アルコールによって機体が発火する可能性があるのです。さらに、ドローンは電気で動いていますので電気系統にも注意しましょう。水分が付着しているとそこからショートする可能性があるのです。水分があったら必ず拭き取ってください。

さらに、ドローンはプロペラで空を飛びますが、プロペラを回しているのはモーターです。そのため、モーターがしっかりと回転しているか確認してください。不自然な動きや異音があったら避けましょう。メンテナンスが不十分なモーターを使っていると飛行中にバランスを崩し、そのまま落下する可能性があるのです。

Copyright © ドローンを安全に飛ばすには, All rights reserved.