ドローンの点検を行う

ドローンを安全に飛ばすには操縦者のスキルやドローンの基本性能だけではありません。いくらベテラン操縦者が高性能のドローンを操縦したとしても、メンテナンスが行き届いていないドローンでしたら事故を起こしてしまうのです。そのため、ドローンを安全に飛ばすには必ずメンテナンスをしておきましょう。それでは、どういったポイントに気をつけてメンテナンスをしておけば良いのでしょうか。

ドローンの多くにはさまざまなセンサーが搭載されており、カメラも取り付けられています。そのため、ドローンは私たちの想像以上に複雑な作りをしていると考えているのです。これらがしっかりと装着されているか確認をしてください。手で触ってグラつきがあるようでしたら危険ですので、グラつきがあったらネジを締めましょう。パーツがグラついたままでは飛行中に落下する可能性があり、上空からパーツが落下してしまうと大きな事故になってしまいます。

そして、ドローンの飛行に欠かせない大切なパーツが落下してしまうと、その時点でドローンは制御不能になってしまいます。そのため、すぐにドローンが墜落してしまうでしょう。そのほかにフレームやカメラもネジで留められていますので、それらに緩みがないか確認をしてください。

Copyright © ドローンを安全に飛ばすには, All rights reserved.